FC2ブログ
老人≒高齢者≒弱者≒賢者≒? 超高齢社会に突入した現在、 さまざまなニュースや感想 書籍、日々感じたことを紹介
便利なカードです!
投資なら、これ!!!
■新着エントリー

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月30日 (11:16)

ボランティアでポイント獲得!?

介護保険料にボランティア制、活動に応じポイント獲得…65歳以上対象 07/04/29 読売新聞
厚労省もあの手この手を考えますね。
でも、いい考えだと思います。どこかの町長さんが、地元のスーパーのポイントで税金の代替納付ができるようにしたところ、地元での消費は伸びたといいます。
1.地域にボランティアとしてサービスが提供される
2.謝礼としてのポイントで介護保険関連費用を支払うことができる
3.ボランティア活動が介護予防にも繋がる
まさに一石三鳥といったところでしょうか?
うまく行くといいですね。
VLP
スポンサーサイト

2007年04月28日 (19:51)

未払い賃金問題!?

給与未払い、全国で百数十人 老人ホーム閉鎖問題、運営会社提訴へ 07/04/28 秋田魁新報社
以前の記事「施設に必要なこと。07/04/15」で紹介していた問題の老人ホームの続報です。問題のこの会社日本メディカル・パートナーズ、関連の施設や法人で他の職員百数十人にも給与未払いがあることが判明してます。先の閉鎖施設の退職職員は近く「同社を相手取り、未払い賃金計約2400万円を請求する訴訟を近く秋田地裁に起こす」と記事にも紹介されています。
とんでもないですね。この会社、大丈夫なんでしょうか?

2007年04月27日 (19:25)

220床の特養ってどんなん?

【東京】南麻布四丁目高齢者保健福祉施設 07/04/27建通新聞
特養220床こんな施設は東京だからできるんでしょうね。
220床の特養を整備できる東京っていったい・・・
高齢者の入居拒まない賃貸住宅、建設・改修で優遇 東京都 07/04/27
asahi.com

いわゆる高齢者専用賃貸住宅ですね。
金利0.5%優遇とはいいですね。
10億10年返済で金利は約2千5百万円違います。

2007年04月27日 (18:53)

介護保険事業所の総務事務マニュアル?

ケアビズネット、「これは使える!介護保険事業所の総務事務マニュアル~年間パック~」07/04/27福祉チャンネル

内容を一回見てみたいですね。
いいものかもしれません。
値段だけ見れば安いと思いました。

2007年04月26日 (06:46)

アメリカでも高齢者が・・・

高齢者介護のフランチャイズが伸びる(米)07/04/26世界の高齢者.com
「ベビーブーム世代が60才になり、彼ら自身の時間の過ごし方を考えながら、彼らの親をケアする事態に直面している。増大する高齢者のケアは、これからの10年の重要なサービスになるという。」
なんて内容が紹介されていますが、そういえば先日のNHKスペシャル「介護の人材が逃げていく」で紹介されていましたが、フィリピンの介護福祉士の受け入れに関する話題のところで、実際にフィリピンの介護学校の生徒20名くらいに「修了後、どの国に行きたいか?」との質問に対して、「日本」と答えたのは、わずかに1名。他に「アメリカ」や「カナダ」、「イギリス」や「中国」の名前が上がっていました。やはり日本の設けたハードルはかなり高いもののようです。「カナダ」では2年介護の仕事に就業すれば永住権を取得できるということです。フィリピンの介護士は、世界から必要とされているようでしたが、今のままでは日本に来てくれるフィリピンの介護士は多くはいないのではないでしょうか?
世界のフィリピン介護士争奪戦を勝ち抜ける魅力が日本にあるのかどうか?心配です。
カテゴリ : 全般記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月25日 (22:38)

群馬県も改善勧告、コムスンどうなる!?

群馬県も改善勧告、介護報酬を不正受給…コムスン(07/4/25読売新聞)
やはりここでも・・・といった感です。
不正はとどまるところを知らないというところでしょうか?
今後、全国の営業拠点に監査の手が及べば、更なる問題が出てくるかもしれません。大手の1社がこのようなことをされていたという事実が、他の事業者へ影響を及ぼすこと必至です。
このようなことは、利用者側にとっても事業者側にとっても許されないことです。

2007年04月25日 (07:14)

高齢者は大型店がお好き?

高齢者の6割「大型店を最も利用」・中小企業白書 NIKKEINET 07/04/24
大型店は、ハード面でもバリアフリーだったり、高齢者の方が利用しやすい面が大きいと感じます。そのあたりが原因なんですかね?どう思われますか?かく言うわたしも休みの日なんぞは、子供を連れて大型店舗に行くときが多い気がします。

大型医療福祉施設を新設 千里中央駅前の再開発計画 asahi.com 07/04/24
総事業費、約550億円。
あるところにはあるんですね。
中に入る施設は大型医療福祉施設「シップ センリ」には、ベッド数400床の療養型総合病院や200人収容の賃貸型有料老人ホームを開設。施設内に24時間365日託児可能な無認可保育所なども設ける。
すごい。



カテゴリ : 全般記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月24日 (18:03)

介護の人材が逃げていく~本日深夜再放送~

今日、4月24日(火)深夜0:10より、NHKスペシャル「介護の人材が逃げていく」の再放送があります。
3月にこの番組が放送された後、わたしの勤める職場でも話題になっており見逃したことを非常に後悔しておりました。是非見なければと思い、録画予約をセットしました。

介護の人材が逃げていく理由。
いろいろな立場のご意見がお有りだと思います。
わたしは、介護報酬は上げてくれないでしょうから、言っても仕方有りませんが、介護報酬を上げたくらいでは、人材の確保には繋がらないと思います。介護報酬を上げても、雇用者の収益には影響するでしょうが、被雇用者には影響はあまり無いと思います。答えは見つかるのでしょうか?
ちなみにわたしが勤める施設では、昨年80名の職員が退職しました。しかし、求人担当者として年間を通じて活動した結果、100名の介護職員を雇用できました。さて、今後こういったことが通用するのかどうかわかりませんが、特に私が勤める入居者500名で職員300名というような施設の最大の課題は、「お客様」の確保から「労働者」の確保へ移行するのでしょうね。ああ怖い怖い。

【NHKの番組説明】
「超高齢社会」を支える介護の現場が深刻な人手不足に見舞われている。厚労省は今後10年間で介護職員を現在の100万人から150万人に増やす必要があると試算するが、きつい仕事に見合わない安い賃金が嫌われ、1年間で4人に1人が辞めていく。こうして高級有料老人ホームなど一部の大型施設を除き、多くの施設が人手不足から介護の質も保てない状態だ。番組では、世界一の高齢人口を抱える東京を舞台に、施設どうしの人材争奪戦、その裏で職員が次々と職場を去っていく現状、さらにその間隙を縫うように進出を窺うフィリピン人ヘルパー養成の様子などを取材。私たちの老後を支える介護の現場でいま何が起きているのか、描いていく。
 ★TOKYO介護ウォーズ ~人材争奪戦の現場~
 ★小規模グループホームの苦闘 ~人材流出の危機~
 ★フィリピン人介護士がやって来る ~急ピッチで進む人材育成~など
カテゴリ : 求人記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月23日 (21:58)

たくさんありすぎです。

カテゴリ : 全般記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月21日 (18:17)

行政主導?


【東京】11月に補助内示 東京都福祉保健局(04/20)
営利目的で運営される有料老人ホームへの整備費補助は、全国でも珍しい取り組みだということですが、全国にこの流れが浸透していった場合、既存の施設に対して公平性を欠く気もするのですが・・・
皆さんはどう思われますか?

公団住宅、福祉と一体化 空室活用し介護施設や診療所 07/4/20 読売新聞
面白い取り組みだとは思いますが、既存の公団住宅などを介護施設へ改修する場合、水周りの設備の改修費がかなりかさむと業者から聞いたことがあります。若干の補助で事業に取り組むのは、リスクが大きい気もしますが、既存の建物を改修した形でのグループホームで実際に上手に運用されているところも知っているのでなんともいえないですね。しかしかなり興味を引くものなので、調査していきたいと思います。

2007年04月19日 (06:56)

3日分更新

いろいろありますね。

2007年4月17日(水)
世界は安楽死にどう対応しているか
みなさんご存知でした?ぼくは驚きました。
内容を少し紹介します。
オーストラリア 北部地方は1995年6月16日に法案を採択し、特定条件下における安楽死を許可。1995年の世論調査では、81%のオーストラリア人は「自らの意志による安楽死」を支持。
カナダ 自殺は合法であるが、他人が補助する安楽死は不法。この命題をめぐり、紛争が継続。

2007年4月18日(水)
全日空、7月から介護割引を開始 片道約35%引き 産経新聞
全日空さん素晴らしいことですね。他社も是非追従されることを願います。
うつ状態なども老健施設へ 療養病床削減で厚労省提示 共同通信
24時間在宅医療を実現…医療改革厚労省案 読売新聞
平成19年4月12日事業者説明会資料 東京都福祉局

2007年4月19日(木)
ぼくたちがそのときを迎える頃はどんな時代なんでしょう。
昨日は熊本阿蘇山で雪が降ったらしいです。なんと30cmの積雪。人々のありようのみならず、自然環境の変化も気になります。
高齢者の生き方は変わった(スペイン)世界の高齢者koreisha.com
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月17日 (20:17)

公募って・・・

【神奈川】適高賃開設希望者を公募へ 川崎市(4/16) 建設新聞社
神奈川県は昔から有料老人ホームや類似施設がかなり多い地域でしたので、たくさんの応募があるんでしょうね。
けれど、私が思うのに高齢者専用賃貸住宅の運営会社が採算ベースに乗せていく場合、机上論では利用料を安価に設定することが可能と思われます。しかし、利用者側に「介護付き有料老人ホーム」と「高齢者賃貸住宅」の違いについてしっかりとした認識が無い場合、悲劇が起きます。両者の違いを良く理解せず、「ここに入れば安心」という気持ちで入居された利用者が、高齢者専用賃貸住宅へ入居された場合、基本サービスの手薄さに驚く様子が容易に想像できます。介護付き有料老人ホームであれば、特定施設としての介護報酬が見込めますので、それにより職員数の充実やサービスの充実が図れますが、高齢者賃貸住宅については総量規制により、特定施設(介護報酬がいただける指定)としての準備は難しいでしょうから、100%収入は利用者から入る居室使用料や管理費、食費のみといった状況も考えられます。
事業者側と利用者側の意識の隙間をどのように埋めていけるのかが、課題だと思います。非常に厳しいと思いますが、新規参入を考えられる事業者はどういったスキームを考えているのでしょうか?

介護付き有料老人ホームでは、リーディングカンパニーである(株)メッセージの橋本俊明社長がコメントを寄せている雑誌があります。月刊シニアビジネスマーケットの4月号でも、同社開発の高齢者賃貸住宅について寄稿されていますが、同社のようにきちんとしたスタンスを持って臨めば、利用者と提供者との意識の乖離がそれほど生じないのではないかと感じました。流石は(株)メッセージさんだと感じました。
カテゴリ : 高専賃記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月16日 (19:45)

コムスンさん他の事業は大丈夫?

「過ぎたるは及ばざるが如し。」
 取り返しがつくのでしょうか?
 指導監督権限が強化されたのは昨年4月です。私がいつも憤りを感じるのは、そこで懸命に要介護状態にある高齢者のため努力している現場の人たちが犠牲になってしまうということです。
 事業の経営者からすれば、行政の指導に従い営業した結果、不採算として統廃合などの対応で収拾をつけることも可能でしょう。しかし、その事業所で懸命に働いていた人たちや、その人たちから提供されるサービスを心待ちにしていた利用者たちもいるのです。今回のことは、あまりに人をバカにした許せない不正行為といえます。
 業界のリーディングカンパニーであるコムスンさんがこのようなことをされていては、業界全体が誤解を招くこととなります。
 今後、全国で監査が実施されていく中で更なる事実が露呈することとなるでしょうが、是非猛省していただきたいと思います。
強化した権限の活用図れ 介護事業所監査 07/04/16付 西日本新聞朝刊社説

2007年04月15日 (22:04)

絵に画いた餅

どうでしょうか?
新型老健施設は終末期も対応 厚労省、療養病床転換促す07/04/15 09:53 asahi.com
そんなにうまく行くのでしょうか?
今の療養病床の状況にたどり着くまでにもいろいろな策を講じられたのは厚生労働省。ひどい目にあった経験が大いにある老人病院の経営者たち。そんなに簡単に大移動が始まるとは思えません。

2007年04月15日 (07:00)

施設に必要なこと。

給料が支払われず職員の不信感が募り大量退職とのことですが、恐ろしいことです。昨年の7月に開設したばかりということですが、入居中の32名の方が路頭に迷うこととなりました。
わたしも有料老人ホームに勤めていますが、このニュースの施設は割りに安価で入居可能な施設だったようです。それにも関わらず昨年7月の開所から、あと3ヶ月足らずで1年を迎えようというのに32名の入居では、給料を払えない状況でも仕方ないのかもしれないと感じました。
経営者の計画性と実行力の欠如はときにこのような状況を招きます。
退職された職員と残された行き場を失った入居者のことを思うと残念でなりません。そこには建物が残るはずですので、良い運営者が入りまた再開されることを切に願います。
老人ホームが突如閉鎖 仙北市角館町、入居の32人“緊急避難”07/04/14 09:32 秋田魁新報社

<要約>
民間の介護付き有料老人ホーム「花あかり角館」=仙北市角館町西長野=が、職員の大量退職で運営が困難になり、13日に事実上閉鎖された。昨年7月、開設した施設。入居者は32名。緊急避難的に別施設へ移動したり、自宅に戻ることを余儀なくされた。施設は日本メディカル・パートナーズ(本社・東京都千代田区、魚谷栄司社長)の子会社シルバーパートナーズ(同、野崎紀久彦社長)が運営。定員80人の全個室で、同様の施設では県内最大規模。入居料は敷金20万円、月額は12—13万円程度。同社秋田営業所の緒方真二所長によると、大量退職の原因は、給料が支払われないことによる。遅延は昨年9月からあったが、ことし1月初めにいったん解消。しかし、同月分から再び支払われない状態が続いているという。3月末までに約20人が退職。4月からパートを含め35人態勢で運営に当たってきたが、会社側の対応に不信感を募らせた職員からさらに退職の申し出が続き、9日以降の運営が困難な状況に陥った。

2007年04月15日 (06:00)

こういう店が増えるといいですね。

いい取り組みだと思います。素晴らしいです。

「ローソンプラス」初出店 高齢者や主婦層に 07/4/14宮崎日日新聞
ローソンプラスは売り場面積は通常のコンビニに比べ1・3倍の広さで小型カートやバリアフリーのトイレを備えているということです。
障害者や高齢者の方を連れてどこかへ出かけるときにトイレの問題で困ることが良く有ります。全国にあるローソンが全てこのようになってくれれば、非常にありがたいですね。
カテゴリ : 全般記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年04月15日 (05:30)

被害甚大。コムスンの残す影響。

本当にまずいことです。
指定取り消しを含む厳しい処分も検討とありますが、悪いことをした事業者に対しての厳しい指導はどんどん行っていただきたいと思います。ただ、真面目に取り組んでいる事業者に対しても、意味の無い締め付けのような指導が今後行われないだろうかと懸念します。ただでさえ、介護保険制度の改変により、訪問介護事業者は苦しい経営を余儀なくされています。だからといって、コンプライアンスを無視していい理由にはなりませんが、なにか打開策が必要なのも現実です。

訪問介護事業者を全国監査へ、虚偽の指定申請で厚労省 07/4/10 18:57 読売新聞

訪問介護事業者の大手3社が、東京都から業務改善勧告を受けた問題を巡り、厚生労働省は10日、広域的に事業を展開する訪問介護事業者について、虚偽の指定申請を行っていないか、一斉に監査するよう全都道府県に通知した。
 東京都の監査で、グッドウィル・グループ(GWG)の「コムスン」(東京都港区)が指定申請時から、虚偽の人員配置を届け出るなど法令違反を行っていた事態を重く受け止めた。厚労省が一斉監査を指示するのは、2000年に介護保険制度が始まって以来初めて。
 厚労省は同日午後、事業者の指定や監査を担当する都道府県などに通知を送り、今年度中の実施を要請した。今回、都から改善勧告を受けた3社も含め、大手十数社などの事業所が対象となる見込み。監査で問題が見つかった場合は、指定取り消しも含めた厳しい処分を検討させる。

記事前文を見る

2007年04月13日 (17:58)

介護事業者への影響は大

ひどい話です。
業界のリーディングカンパニーである大手企業がすることとは思えません。どこかの菓子メーカーではないですが、社独自のコンプライアンスが為されていても、日本の法律にたいしてのコンプライアンスが為されなければ、会社ぐるみで罪を犯しているようなものです。上場企業がすることとは思えません。
介護保険制度自体に影を落とすこととならねば良いのですが・・・

訪問介護不正 量を優先した甘い行政の責任(4月13日付 読売社説)

2007年04月13日 (17:26)

ブログは更新してこそ・・・

カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

2007年04月08日 (09:26)

世も末です。

人の弱みにつけこんでとは、まさにこのこと。
ぼくはこういった事件が一番許せません。
皆さんはどう思われますか?
老人ホーム支配人が多額詐取 豊明、家族から入居費など 中日新聞 2007年4月7日 14時16分
 有料老人ホームの入居予定者の家族から入居費用をだまし取ったとして、愛知県警愛知署は詐欺の疑いで、同県豊明市前後町善江、老人ホーム運営会社員田川正樹容疑者(48)を逮捕し、七日送検した。
 調べでは、田川容疑者は三月中旬、自ら支配人を務める同県長久手町の老人ホームで、母親(85)を入居させようと手続きに訪れた名古屋市名東区の無職男性(65)に「費用は本来は銀行振り込みだが、現金で払えば私が代わりに会社に納めておく」とうそを言い、入居一時金と一カ月分の利用料金などの約百三十万円をだまし取った疑い。
 田川容疑者は二〇〇五年五月に入社し、昨年七月から支配人を務めていた。調べに対し、容疑を認め「競馬などのギャンブルに使った。これまでに同様な手口で数人から合わせて二千万円ぐらいだまし取った」と供述。同署が余罪の裏付けを進めている。
 運営会社の監査で男性から入金がないことが発覚。同社が田川容疑者に事情を聴いたところ犯行を認めたため、四月四日に同署に届けた。
 (中日新聞)

2007年04月02日 (22:22)

ピンピンころり

介護をしてもらう状況になりたい人はいませんよね。
「ピンピンころり」は、確かに究極なのかもしれません。
昔、広報で外回りをしていたときに、民生委員の方だとか
老人会や女性会の方から「やっぱりPPKがいいわ」
とか言われて質問したことを思い出します。
PPK = ピンピンころり の略
「ピンピンころり」は福祉の究極? 人の世話にはなりたくないものです

これは見てみたいですね。
手に入ったらコメントをつけたいと思います。
しかし、「~有料老人ホーム40選」と銘打たれていますが、本当に中立の立場で作られたものでしょうか?
三菱UFJ関連で融資している企業が運営している施設限定での選抜といったことはないんですよね?
三菱UFJ信託銀行と三菱商事、情報冊子「有料老人ホーム選びのワンポイント・ブック」を作成、介護情報館が案内する有料老人ホーム40選


《老人施設開発情報》
北越農林、要介護者向け集合住宅を展開
カテゴリ : 全般記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

2007年04月02日 (07:17)

どこまで参考になるのか?

どうでしょう?
割と突っ込んだ情報まで確認できるものですが、
素人の方でも十分に、ご理解いただけるものかどうか疑問です。
事業者が他の事業者の状況を知るのには非常に役立つと思うのですが・・・
政府広報オンライン「介護サービス情報の公表」制度
カテゴリ : 全般記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

くまぱく

Author:くまぱく
介護保険施行前より
老人病院・有料老人ホームの運営会社へ勤務。
経営企画室所属。責任者。
介護保険施行以降、
わたしも若年から中年へと変化しつつあります。

家には愛する奥さんと可愛い娘奥さんのお母さんと僕の愛犬の4人と1匹で暮らしてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ボトムタイトル
ボトムコンテンツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。